入社の動機

西原:
私が就職の際に思ったことは、仕事はいろいろありますが、とにかく社会の役に立つ仕事をしたいということでした。そんな折に、大学の先生からライト工業を紹介していただき、また推薦していただいこともあり、基礎土木分野で実績を持ち、公共事業の工事等で社会に貢献しているライト工業に興味を持ったことがきっかけでした。
嶋﨑和彰
嶋﨑
嶋﨑:
私の場合は、コンサルティング分野と土木分野で迷っていました。実は、大学や地元の先輩でライト工業に就職した人がいたこともあり、いろいろな企業を研究していくなかでもライト工業を身近な存在に感じました。それから、斜面対策工事や大きな機械を使っている写真をカタログで見て、知らない分野で目新しさを感じ、面白く挑戦しがいのある仕事だとも思ったことがきっかけでした。

社員教育

西原:
特に印象に残っているのは、新人研修です。私の場合は主に知識を学ぶ研修で、ライト工業が地盤改良や補強といった分野で独自の技術や特許をたくさん持っていることを知って驚きました。また、その後に現場に出ましたが、先輩からマンツーマンで仕事の手順やポイントを分かりやすく教えていただき、徐々に不安も解消されていきました。時には厳しく指導していただき、また、現場で覚えることはたくさんあって大変でしたが、先輩たちのまじめに仕事に取り組む姿勢にも感銘を受け、影響を受けました。
嶋﨑:
私の時代の新人研修は、現場に出て、現場から学ぶスタイルでした。それは、ライト工業の伝統で、先輩と一緒に現場を経験し、工程管理やコスト管理も任されるなど、現場で試行錯誤しながら肌で覚えていかなければならず大変でした。現場管理を短期間で学び随分成長できたと思います。半年経った時、自分もライト工業の一員だと思うことができましたし、それ以上に新人研修を終えてOJTとして実際に地方に配属されたあとの現場経験でその後の成長の基礎ができたと思っています。私たちの仕事は現場を管理することですが、一人で現場を任され、責任を持って取り組むことをはじめ工程管理やコスト管理の難しさ、大切さなど身をもって知ることができました。
西原:
ライト工業の教育は、常に現場で学んでいくところにあると思っています。現在の新人研修は、短期間の集中的な研修になっていますが、そこには、これまで蓄積してきた教育のノウハウが凝縮されていますから、新人でも無理なく仕事を覚えていけると自信を持って言えます。私の場合は、2年目までは先輩たちと一緒にいろいろな現場に出ましたが、現場によってそれぞれ状況が違うことがわかりました。たとえば、ライト工業がよく手がけている斜面対策工事は場所が変われば条件も変わり、地滑り対策技術の使い方や工事の段取りも変わってきます。ひとつとして同じ現場がありませんから、新鮮な気持ちで常に緊張感を持って取り組めます。入社後1〜2年たったときには、仕事の面白さをいろいろな現場で実感できるようになりました。

仕事の魅力

嶋﨑:
日本には、地すべりが発生するおそれの箇所が数多く存在し、そこには対策が不可欠です。そういった斜面補強や改良工事は、ライト工業の得意分野のひとつ。一般的には、状況に応じて地盤を補強し、吹き付け工事で仕上げていきます。その斜面対策工事は最近では、吹き付けたのり面を、美観や環境に配慮して仕上げる工事が多くなってきました。地域の景観と調和しながら、しっかり住民のみなさんの生活を守っていると思うと大変やりがいを感じます。モチベーションもぐんとあがり、やる気が沸いてきます。
西原:
ライト工業は、全国に支店がありますが、私が担当する横浜地区は斜面が多いため、ライト工業の技術が特に活かされるエリアだと思います。わたしたちの仕事は防災や減災対策という意味で安全で安心な社会を支えていくために欠かせない仕事です。それが、私たちの誇りですし、この仕事のやりがいだと私自身は思っています。
嶋﨑:
困難な現場ほど施工完了後の達成感が大きいものです。特に、自分が手がけた現場を工事が完成した後に車で通った時などに感慨深いものがあります。そして、この仕事に誇りを感じる瞬間でもあります。